横浜の旧外国人居留地、関内にある
美術展示・情報アーカイブスペース

Event

原田裕規|百頭たけし 心霊写真

information

イベント名 原田裕規|百頭たけし 心霊写真
会場 関内文庫 アクセス
開催日程 2019/8/9(金), 8/10(土), 8/11(日)
開場時間 13:00 - 18:00 *初日8/9(金)は18-20時
出品作家 原田裕規, 百頭たけし

概要

関内文庫は、お盆の時期に合わせて「心霊写真」展を開催する。

心霊写真の歴史は古く、この表現形式はつねに写真史とともにあった。ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールがダゲレオタイプ(銀板写真法)を発表した1839年が写真史の実質的な出発点だとすると、その20数年後の1860年代にはアメリカで心霊写真ブームが起きている。写真という新たなテクノロジーが社会に定着した頃には、すでに心霊写真というジャンルが存在していたことになる。

関内文庫がある横浜関内は、開港からわずか2年後の1862年に下岡蓮杖が日本初の写真館を開業した場所だが、じつはこの横浜、心霊写真の歴史にとっても重要な地である。というのも、1879年、三田弥一という横浜伊勢山の写真技師がある僧侶を撮影したところ、彼の頭部に重なるように女のシルエットが写っていたという……俗に「現存する日本最古の心霊写真」としてオカルト書などで流布した有名なエピソードが展開されたのが横浜だからである。

さて、「心霊写真」とはいうものの、本展はあくまでも現代美術/写真の展覧会である。だから、このタイトルはあくまでも現代美術におけるコンセプトを表したものであって、本展には心霊マニアが喜ぶような写真は出品されない(とはいえ、もしかしたらどこかに「本物」が混じっているかも……)。

本展出品作家である原田裕規(ハラダ ユウキ)は榮龍太朗とともに2012年に「心霊写真」展(22:00画廊)を企画し、百頭たけし(ヒャクトウ タケシ)はその際に作品を出品したことがある。心霊写真をコンセプトとした展示は以降も原田のプロジェクトとして現在も継続されている。今回関内文庫で行われる展覧会は、2012年の「心霊写真」展の企画内容をベースにしたものである。

原田は、作者も由来も不確かな写真を産廃業者や回収業者などから収集した写真群と、そこから派生して制作した作品を展示する。ここに集められたのは、ごくありふれた、ふつうの人々の思い出の写真だ。だからこそ鑑賞者は、訓練された作者の作為や技巧では演出が困難な、ある種の情念を感じ取ることになる。

百頭は自転車を駆って、産廃が集まる郊外の風景を撮影する。これもまた、多くの人にとってはとるにたらない景色である。けれども、その景色を細かく観察すると、そこには誰かの美意識や儀式めいた秩序が存在していることがわかる。

原田が収集したふつうの人々の情念や、百頭の写真に写り込んだ誰かの美意識のことを、ここでは心霊と呼ぶことにしよう。そういえば、19世紀の心霊写真はたいていの場合肖像写真であり、そこに現れた幽霊は被写体の家族だった。お盆の時期には、写真の歴史のそういった側面に思いを馳せてみるのも一興かもしれない。

作家略歴

原田裕規

1989年、山口県生まれ。美術家。社会の中で取るに足らないとされているにもかかわらず、広く認知されているモチーフを取り上げ、議論喚起型の問題を提起するプロジェクトで知られる。代表的なものに「ラッセン」や「心霊写真」を扱ったものがある。主な個展に2019年「写真の壁:Photography Wall(原爆の図 丸木美術館)2018年「心霊写真/ニュージャージー」(Kanzan Gallery)、編著書に2013年『ラッセンとは何だったのか?』(フィルムアート社)など。2013年に武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科を卒業後、2016年に東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻を修了、2017年に文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてニュージャージーに滞在

百頭たけし

1980年、群馬県生まれ。自転車を使い、都市郊外の産廃や土木業者が多く集まる地域に出現する風景を撮影している。主な個展に2017年「カイポンする / 我蓋朋」(コ本やhonkbooks)2016年「D 現場」(TAP Gallery)、2015年「Busy,busy, busy(TAP Gallery)など。グループ展として2018年「VOCA2018(上野の森美術館)2017年「不純物と免疫」(トーキョーアーツアンドスペース本郷)2017年「Seize the Uncertain Day(東京藝術大学美術館)2016年「DebrisLounge(ゲンロン カオスラウンジ五反田アトリエ)などに参加

作品配置図

原田裕規

Hr1《[資料]写真の山(仮)》
Hr2《Blue Sheet #3》
Hr3《Blue Sheet #1》
Hr4《Untitled (Study)》

百頭たけし

Hk1《無題》
Hk2《無題》
Hk3《無題》
Hk4《無題》
Hk5《無題》
Hk6《無題》
Hk7《無題》

360°画像

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

画像ギャラリー

「心霊写真」展示風景1

「心霊写真」展示風景2

「心霊写真」展示風景3

「心霊写真」展示風景4

「心霊写真」展示風景5

「心霊写真」展示風景6

「心霊写真」展示風景7

原田裕規|百頭たけし 心霊写真8